コラム・BlogColumn・Blog

2020.04.30 / コラム・Blog

  • テレワーク

リモートワーク・テレワークによる働き方改革促進のムズかしさ

次世代の働き方改革における新機軸のひとつ、“リモートワーク・テレワーク”の導入が進む中、直面するさまざまな課題解決のために必要なのは、社内の意識改革とネットワークのインフラ改革。

「働き方改革」という言葉が世に出てしばらく、戦後の高度成長期が終わり、不動産バブルもITバブルも弾け、価値観の多様化がより一層進む中、2019年4月1日に施工された「働き方改革関連法」が拍車をかけ、働き方改革促進の動きも一気に巷間に広まりました。 しかし、一部の大手企業などを除き、実態としての浸透はまだまだといえるのではないでしょうか。

「夜遅くまで働く」「風邪でも腹痛でも出社する」といった、戦後からバブル期までに培われた労働精神論は、今でも日本社会に根強く残っているようです。 ただ、そういった精神的な部分の他にも、いくつか阻害している要素があるようです。 その要素を挙げるとするなら、

  1. 需要側のニーズが未だに古いままである
  2.  場所に固執する仕事が多い
  3. 「労働を管理する・される」という意識が強い
  4.  リモートワークやテレワークを実現する環境がない

と、こんなところではないでしょうか。 いずれも、一朝一夕に解決する問題ではありませんが、できるところからアプローチをしていく努力は、これからのビジネスシーンに対応し続けるため、すべてのビジネスパーソンがおこなっていく必要があるのかもしれません。

リモートワーク・テレワークの導入にはメリットもハードルも…..

とはいえ、1〜3までの社会問題に影響するのはムズかしそうですが、コムネットシステムでは、4のリモートワーク・テレワーク拡大に着目し、その促進に向けてさまざまなアプローチを重ねています。

実際、リモート・テレワークは、一部企業こそ運用を始めていますが、その背景には企業的な安定と充分な資本力があり、必要十分な投資や、すでに確立されたセキュリティ体制に裏打ちされた実施です。 大半の企業は、それにならって実施することは非常に難しいでしょう。

モバイル環境とセキュリティ環境、ならびにリモート会議などの安定開催や、アウトプットの管理といった、さまざまな環境をセットにしなければ、実現は難しいのが実態です。 リモートワーク・テレワークは、働き方の多様化や、優秀な人材の流出防止、産休・育休時などでの休業期間の短縮、有事への対応など、ワークライフバランス実現や事業維持のため、数多くのメリットが存在します。

さらに、より導入が進めば、企業側にも事業所縮小や交通費支給減少といった固定費削減が可能となることでしょう。 しかしながら、実際の導入ともなると大きなハードルが待ち構えているようです。 最も大きなハードルとしては、「社内ネットワークへの安全な接続」です。

家庭のWi-Fiなどから、気軽に社内環境にアクセスできるようにしてしまえば、機密情報の金庫を解き放ったまま会社運営をするようなもの。リモートワーク・テレワークの導入によるメリットをデメリットが上回ってしまいます。これでは意味がありません。とはいえ、従業員向けのモバイル専用回線を設けたり、高度なセキリュティ対策を個別に対応したりするのはとても高いコストとなります。

また、それぞれの業務に合わせた最適なサービスの選定や既存サービスとの組み合わせも重要な課題となります。 安定・安全なるリモートワーク・テレワークを実現するためには、一般的に以下のような準備が必要です。

  • 社内ネットワークへの安全な接続のためのプライベートネットワーク(VPN)の構築
  • モバイルや家庭内Wi-Fiからの安定・安全な接続の確立 ・大事なファイルやデータの安全なやり取り ・社内外のリモート会議の手軽な開催
  • 社員の勤怠管理など これらを複数サービスの組み合わせで導入しようとすれば、大きなコストが必要となり、運用管理も煩雑になります

さらに、情報システム部門に豊富な人材を投入できる企業は決して多くないことを踏まえると、いずれも悩ましいポイントとなるのではないでしょうか。

リモートワーク・テレワークの導入はしたい、とはいえ導入のために、何をどうすればよいかは悩ましい。それが、多くの中小企業共通の課題といえるかもしれません。

コムネットシステムテムでは、ワンストップでの リモートワーク・テレワーク導入支援ソリューションをご提供

あらゆる企業がリモートの恩恵を享受できるようになるためには、複数の仕組みを組み合わせる必要はなく、ネットワークの監視や負荷調整も不要で、セキュリティ精度も高い。そんな仕組みが世の中に広がらないかぎり、現実的に導入は難しいことでしょう。

さて、中小企業のネットワークインフラ・セキュリティ環境向上のご支援を旨とするコムネットシステムでは、そのような悩みにお応えすべく、ワンストップ・パッケージでのリモートワーク・テレワーク導入支援ソリューションをご用意しています。

最短1日での導入も可能であり、働き方改革の推進に悩む経営者・ご担当者様の一助となれればと考えています。少しでもご興味をいただければ、ぜひお問い合わせください。 「リモートワーク・テレワーク」は、ここ数年で急速に顕在化し始めたニーズです。一昔前では、まず考えられなかった概念ですから、そう簡単に浸透するものではありません。

しかし、そうだからこそ、「仕組み」に気を取られず、制度の拡充に専心できる環境が必要なのではないでしょうか。 コムネットシステムでは、これからも、そんな「安心できる仕組み」をご提供していきたいと思います。

ご紹介したソリューション:
CSD +plus SRVGプラン リモートVPNアクセス環境導入支援
https://www.comnetsystem.co.jp/lp3-a/

※2021年12月23日より、CSD +Plusを「MALUTO」に変更し、販売を開始しました。 https://www.comnetsystem.co.jp/service/maluto/

PAGETOP