COMNETSYSTEM コムネットシステム

MENU

03-5725-8555

平日9:00~18:00
(土日祝除く)

TOPICS

ディープラーニング(AI)導入で未知のウイルスにも対応。
定期アップデート不要でPCや情報機器を守る「Deep Instinct」取扱開始
〜ICTで中堅・中小企業を支える株式会社コムネットシステム〜

2019年7月1日
ICTによって、中堅・中小企業のICTネットワークシステム構築〜運用サポート事業等を展開する株式会社コムネットシステム(本社:東京都目黒区、代表取締役:酒井俊英)は、2019年7月1日、株式会社アズジェントとの提携により、次世代エンドポイント製品「Deep Instinct」の取扱・販売を開始いたしました。

■ディープラーニング採用で、まだ存在しない未知のウイルスまでを対策

既知のウイルスはもちろん、これから生まれるであろう未知のウイルスも対策できる「次世代エンドポイント製品」への注目が高まっています。 エンドポイントとは、通信回線やネットワークに接続されたコンピュータや情報機器を指します。つまり、ウイルス対策のなかでも、もっとも身近なPCをはじめとするデバイスそのものを守るのが「Deep Instinct」などのエンドポイント対策製品です。次世代エンドポイント製品は、未知のウイルス対策までを行うものの総称です。AIを用いて、世界で未確認の新しい攻撃を予測・対策します。 「Deep Instinct」は、近年とくに脚光を浴びる「ディープラーニング」を採用。ディープラーニングは、AIの中でも人間の力なしに学習する技術として高い評価を得ています。ディープラーニングによって製品の正確性が向上。様々なファイルタイプのマルウェア(※1)をブロック。さらに、これまでの次世代エンドポイント製品の課題と言われてきた誤検知率を最小化しました。

■SaaS型サービスとして、コスト削減にも寄与

導入コストや運用コストの問題で次世代エンドポイント対策を導入できないという企業や組織を対象に、当社ならびに株式会社アズジェントでは「Deep In-stinct」のSaaS型(※2)サービスを開発。 Windows、macOS、Androidなど様々なデバイスが一元管理可能で、管理サーバーの設置や年数回の定期アップデートが不要なサービスを実現しました。 これにより、セキュリティ対策コストを軽減。次世代エンドポイント対策の導入や運用に踏み切れなかった企業にとってもご検討いただきやすいサービスとして提供しています。
<そのほかの特長>
・すでに利用しているアンチウイルス製品との協調稼働が可能
・PDF、Officeファイル、圧縮ファイル、スクリプトなど、様々なファイルに対応
・オフライン時でも、マルウェアを検知・防御
・ハッシュ値・証明書に基づいたホワイトリストとブラックリスト化が可能
<対応OS>
indows 7 SP1、8、8.1、10/Windows Server 2008 R2、2012、2012 R2、2016/macOS Sierra (Ver. 10.12)、High Sierra (Ver. 10.13)、Mojave (Ver. 10.14)/Android 4.4 以上
株式会社アズジェントからのプレスリリース
https://www.asgent.co.jp/press/releases/2019/20190227-001390.html
===
(※1)不正・有害な動作を行うための悪質なソフトウェアやコード
(※2)必要な機能のみ、必要な分だけ、利用できるソフトウェアや提供形態
===
<株式会社コムネットシステムについて>
1995年設立。ICTソリューションによって、中堅・中小企業のシステム構築〜運用サポート事業を展開。インターネットセキュリティやネットワークインテグレーションから、IT製品・OA機器販売やネットワークインフラ工事までを手がけ幅広く対応。「お客さまの立場で考え、お客さまの心に寄り添って考える。まずはお客さまのお話を真剣に聞き、お客さまの伝えたい事を理解し、理解を示し、次の行動をとる。」を理念に企業のフェーズや目的に応じて最適な支援を提供しています。
<お問い合わせ先>
株式会社コムネットシステム
・電話番号 03-5725-8555 平日9:00~18:00(土日祝除く)
・お問い合わせフォーム https://www.comnetsystem.co.jp/contact
・ウェブサイト https://www.comnetsystem.co.jp/